台湾(台北・花蓮・高雄・台南)一週旅行!九份老街という古い街並みは一見の価値ありです!

台湾へ行き、台北・花蓮・高雄・台南という風に国中を一周しました。
羽田空港からピーチアビエーション航空の格安券で、3時間ほどかかって桃園空港へ着きました。

親日国家として有名な国で治安も良いと昔から評判だったので、安全に旅行できると思いました。
自然も美しく、都市機能も発展しており、国土が狭いので気軽に国中を回れるところが魅力で、国中を見に行きたいと思いました。
元々一人での海外旅行が趣味だったので、さまざまな国や地域で行っていましたが、台湾は地理的にも思想的にも日本から近いのに、今まで言った事がなかったので、長期の休暇を取れたタイミングで、観光のために台湾へ行きました。

渡航費用は往復航空券で2万2千円ほど、ホテルも全て自分で手配しましたが6泊7日でホテル代は合計1万円ほどでした。
それ以外の費用は食事や土産や現地交通費が掛かりましたが、そちらは総額で2万円ほどでした。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)のおススメ観光スポットは?

台湾台北にある、松山文創園區です。
台北の中心である台北駅から、地下鉄に乗って20分ほどにあるタバコ工場跡地をリノベーションした展示場で、自然豊かな大きな池が特徴の場所です。
様々な展示会が行われており、入場無料の地域のイベントがやっている場合もあるので、台湾という地域に触れることが出来ます。
個性的な建物と、雰囲気の良い遺跡のような建物群や、常設のカフェやバロック調の中庭などが楽しめる、都会の喧騒から離れた美しい場所です。

台湾の台北から電車とバスを乗り継いで1時間半ほどにある九份の中の、九份老街です。
台湾旅行のパンフレットなどにも多く登場する、赤い提灯が美しい細い道と、山肌に作られた古く美しい建物が特徴的な古い街です。
有名なアニメ映画のモデルのひとつでもある場所で、その他にも台湾や中国の映画やドラマの撮影などにも使われています。
飲食店や土産物屋が並んでおり、景色もグルメも買い物も全てが楽しめる大人気定番スポットです。

九份老街で撮った夜景の写真です。
ジブリ映画、千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている街並みです。
赤い提灯がキレイで幻想的でした!
九份老街で撮った夜景の写真です。

台湾の台北から特急電車で2時間ほどで着く花蓮の、太魯閣国家公園です。
花蓮の駅から車でだいたい30分ほどで行けます。
個人でタクシーなどで向かうこともできますが、現地で申し込める観光ツアーもあり、朝早めに到着すれば町に着いた当日にすぐ駅前のインフォメーションセンターで申し込む事が出来るので、観光しやすく便利です。
中国の水墨画に描かれるような大きな岩山や、大理石を削るように流れる川の流れなど、雄大な自然の姿を見ることが出来る素晴らしい場所です。

 

その他にも台湾で初めて設置されたエレベーターがある、
台南の林百貨というデパートにも有名ですね。
何とも言えないレトロな感じが時代を感じさせます。

花蓮の海辺の夜市もおススメですよ!

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)で食べるべきおススメグルメは?

牡蠣のオムレツがとても美味しくおすすめです。
プリプリとした牡蠣を5~6個も入れた、牡蠣のダシの効いた中華風オムレツです。独特の甘辛いソースがかかり、台湾ならではの味が味わえます。
台北の夜市で食べました。

台北最大の夜市ともいわれる士林夜市の地下にあるフードコートです。

酸梅湯:さんめいたん(台湾式梅サワージュース)というジュースがおすすめです。
湯と書きますがこれは液体というような意味で、実際は甘酸っぱく冷たい梅のジュースです。駄菓子のスモモ漬のような昔懐かしい味がします。暑い夏に飲めば、水分だけではなく酸味や塩分も補給できるのでお勧めです。高雄や台南の夜市で飲みました。

高雄の夜市で買った、大好きな酸梅湯ジュースです。

下水湯というスープがおすすめです。
漢字に嫌なイメージがありますが、実際にはショウガを利かせた鶏のレバーを入れた淡泊な塩味のスープです。透き通った味の良いスープにパクチーがアクセントにピッタリで美味しかったです。
瑞芳の美食廣場で食べました。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)で買うべきおススメのお土産は?

最もオススメなのはパイナップルケーキ。
台湾の定番中の定番ともいえるお菓子で、色々なブランド・味のものが出ています。
柔らかくふんわりとした甘さが楽しめるお菓子で、台湾じゅうどこでも買えるので、買い逃しの心配もなく安心です。

翡翠のアクセサリーもおすすめです。
台北などでも購入出来ますが、花蓮などでも購入出来ます。現地産の翡翠を使った工芸品の他、シンプルな指輪などが特に人気です。値段も日本で買うよりずっと安いため、気軽にお土産に選べます。

玉麻糬盒裝というお菓子がおすすめです。
台湾東部の花蓮の名産品で、新米を使ったお餅菓子です。
あんこの他、ピーナッツの甘煮や緑豆など台湾ならではのお味も楽しめます。花蓮駅の近くには作っているところも見られる大きな販売店があるので、ゆっくり選ぶことができます。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)のチップ事情は?

元々台湾にはチップの習慣があまりない為、チップを出すタイミングはありませんでした。
ホテルも全て安宿ばかり泊まっており、食事もファストフード店や屋台ばかりだったため、チップは一切渡すことはありませんでした。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)のトイレ事情は?

無料のトイレがあちこちにありましたが、紙がないところや衛生的に厳しいところも多かったため、あまりトイレ事情がいいとはいえませんでした。
都市部では綺麗でウオッシュレットもあり、紙もあるトイレが多かったです。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)の治安はどうなの?

日本と同じレベルで治安が良いところだったので、夜も気にせず女性一人で出歩きましたが何も問題ありませんでした。
ただ、花蓮や台南など地域によっては野犬が多いところもあり、まれに危ないと感じる場面もありました。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)への旅行、持って行って役に立ったものは?

Wi-Fiを持って行ったのが役立ちました。
ワイホーネットさんで空港でレンタルをしたものです。
レンタルスマホという選択肢もありましたが、スマホ自体をレンタルする場合と違って自分のスマホをそのまま使えるので、急な仕事にも対応できました。

携帯スリッパはとても便利でした。
ノーブランドの100円均一ショップで買ったものですが、宿にスリッパがない場合や、遠くまで電車で移動する場合などに、スリッパがあると便利でした。
特に電車の移動は、台湾の国内を色々移動するときには是非有った方がいいと思いました

メモ帳とペンを持っていきましたがとても役立ちました。
ノーブランドで100円均一ショップで買ったものですが、二つがセットで小さいものだと、ショルダーバッグに入れておいてすぐ取り出せて便利でした。
日本と同じ漢字の国なので、言葉が通じなかった時にとっさに筆談が出来るため助かりました。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)への旅行、これを持って行けば良かったというものは?

日本語と英語しか喋れず、台湾語は読むことも話すことも全く出来ないため、翻訳機があればよかったと思いました。
台北などの大都市では英語でも問題ありませんでしたが、地方へ行くなら絶対必要になると思いました。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)旅行で危険な目に遭遇した?

女性の一人旅で夜間にも夜市へ行ったり夜景を見に行ったりと、色々と出歩いていましたが、犯罪などは一切ありませんでした。
が、台南で夕暮れ時に人気の無い道を歩いていたところ、野犬に追いかけられたことはとても危険だと思いました。

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)旅行のまとめ、総評

美しく、グルメも美味しく、物価も安い素晴らしい国です。
特に食文化に関してとても合理的で、日本のように家で働きながら食事も用意するというような非合理的なことはなく、縁日のような夜市でみんな食事をしているのが特徴的です。
現地の方も親切な方が多く、道に迷ったときにも英語でしかコミュニケーションが取れない私にとても親切に対応してくださる方が多く助かりました。
何度でも行きたいし、色々な方におすすめしたい国です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

韓国ソウルへ!南大門市場(ナンデムンシジャン)で屋台グルメ、景福宮(キョンボック...

シンガポール旅行へ!シンガポールの市街地を走るF1グランプリの爆音は大迫力!

NO IMAGE

マレーシア・クアラルンプール旅行の体験談。

マカオ、半島地区・コタイ地区旅行の体験談。世界遺産・聖ポール天主堂跡、ローカルグ...

ベトナム(ダナン・ホイアン・ホーチミン)へ!ベトナム料理、マッサージ、ビーチリゾ...

フィリピンのマニラとエルニド島へ!エルニド島のエメラルドグリーンの海は圧巻!アク...