スペイン・バルセロナへ!ガウディの建築と思考にどっぷりつかる旅!生ハムやオリーブオイル、チーズも飽きるまで堪能!!

スペイン、バルセロナへ行きました!
成田空港からドーハまでカタール航空で12時間ほど、トランジェットに4時間くらいの時間がありその後バルセロナのエルプラット空港に到着。

海外旅行が趣味なのもあり、旦那が会社を辞めたのを機にご褒美としていきました。
バルセロナは一度は行ってみたいと思っていたのと、観光地の多さも魅力となり目的地に決めました。
芸術に興味があるため、美術館や教会を楽しむために日程を立てましたが、中でも特にガウディーの建築や思考を見るために行く場所をセレクトしました。
食も絶品と聞いていたのでバルセロナならではの海鮮料理やバルなど、美味しいお店を探したり食べ歩くことも目的の一つでした。

4泊5日の渡航日程で飛行機に約10万円、宿泊は短期で利用できるアパートを借りて約2万円。
食事代に約3万円。
お土産代に約1万円。
観光地の入場料に約1.5万円。
現地での移動費(電車、タクシー、バス)に約1万円。

スペイン、バルセロナのおススメ観光スポットはここ!

スペイン・コロニアグエル教会
バルセロナから電車で20分ほどのところにある教会で、ガウディー好きの中では誰もがお勧めする場所でしたが、その通りに今までにみたことのない不思議に美しい教会でした。街全体もガウディーが監修しており、レンガを積み上げた一つ一つの建物を見て歩くだけでも十分に楽しめます。教会自体もガウディーの思い描いたものに一番近いとされていますが、こじんまりとした中にガウディーらしい独特のデザインや色彩がぎっしりと詰め込まれている印象でした。人も少ないのでその世界観にゆっくり浸ることのできる素敵な場所でした。

ガウディー渾身の建築、コロニアグエル教会です!

スペイン・サンパウ病院
バルセロナというとガウディーに目がいきがちですが、この建物もバルセロナらしい色彩とセンスを持つすばらしい建築です。少し前まで病院として機能していましたが、今は観光地として自由に見て回る事がきます。日本では考えられないような鮮やかな色使いはまるでおもちゃのようで、本当に病院として使用されていたとは思えない程芸術的でした。ステンドグラスやタイルの造形も院内の至る所で楽しめ、まるで美術館のように美しい場所です。

色彩豊かなサンパウ病院。
これが病院だなんて・・・スペインは病院さえもオシャレにしてしまうのでしょうか・・・!

スペイン・モンセラット
バルセロナから電車と登山列車、またはゴンドラを乗り継いで行くことのできる山の一つです。山の上には大きな聖堂もあり、毎日聖歌隊の音楽を楽しむ事ができます。ここもガウディーが足繁く通った場所で、サグラダファミリアのモデルにもなった場所です。岩山の中に埋もれるように立てられた建築も面白いですが、バルセロナの壮大な景色と独特な山並みを堪能するために登山やハイキングも気軽に楽しむ事ができます。都会から少し離れて行くのにはとてもお勧めの場所です。

モンセラットの玄関口です。

スペイン・バルセロナと言えば、絶対に外せないのがサグラダファミリア!
今回は全体が映るように対岸の池越しから撮影しました!

この日は快晴で風もほとんどなかったので
対岸の池にもサグラダファミリアがバッチリ映っています!
かなり貴重でレアな一枚を撮ることができました♪

それにしてもあまりの大きさに圧倒されるばかりでした・・・
しかもいまだに建築中!完成したらもっと大きくなると思うとびっくりというか凄すぎ・・・
完成した時、もう一度見てみたい!そう思わせてくれる偉大さでした・・・!

スペイン、バルセロナのおススメグルメはこれ!

パエリア
バルセロナといえば絶対に食べたいのがパエリアかと思います。特に海に面した地域のため海鮮のものがおすすめです。新鮮な海の幸と出汁から炊き上げるお米の旨味は絶品です。私はハーバー沿いのEL cangrejo locoでいただきました。

ハーバー沿いに並ぶ絶品海鮮レストランで食べたパエリアの味が忘れられない・・・

サングリア
バルセロナはもちろんお酒も美味しいです。バルの文化が根付いているので早い時間から楽しむ事ができるのもいいところです。Casa Loleaはサングリアで有名なお店で、日本とは違い甘すぎないこの味はおつまみとの相性も抜群です。

サラミ、ハモンセラーノ
これはどこのお店でも美味しいですが、私はメルカード市場で楽しみました。値段の安さといろいろな種類を少しづつ食べ歩くのがとても楽しいです。バルセロナのハモンセラーノは日本とは違い水分が少なく旨味が凝縮しています。ワインを片手に数えきれないほどあ数えきれないほどある種類を食べ比べるのはおすすめです。

スペイン、バルセロナでおススメのお土産はこれ!

ピカソグッズ
バルセロナはピカソが幼少時代に育った街でもあります。そのためピカソ美術館も有名で、そこで販売しているピカソの作品をあしらったグッズたちはこの地でしか手に入らないものも多くあります。可愛らしイラストからヘンテコな絵画まで自分好みのアートを探して見てください。

La colmenaのお菓子
スペインを代表する老舗のお菓子屋さんです。昔ながらの可愛い包み紙でラッピングされたお菓子たちはどれも欲しくなります。特にお店で作っている蜂蜜の飴は一粒ずつ購入できるので簡単なお土産にぴったりです。

タイル
Pinar Miro Barcelonaではバルセロナのタイルが一枚から購入できます。ホームインテリアでも有名なバルセロナですが、タイルをおしゃれに飾っているシーンをよく見かけました。お部屋のアクセントにお気に入りの柄のものを一枚持ち帰るのも素敵なお土産になると思います。

スペイン、バルセロナのチップ事情は?

ホテルでは渡したほうがいいと言われていましたが、アパートを借りたため最終日に2ユーロほどおいて出てきました。
タクシーに乗った際にはよっぽど遠回りなどしていない場合以外は、毎回1~2ユーロほど多めに渡すようにしていました。
レストランやバルやカフェでもレシートにチップ代が含まれていない場合は1ユーロほど置くようにしていました。

スペイン、バルセロナのトイレ事情は?

バルセロナは都会的なためか比較的日本に近くトイレは綺麗でした。ただ駅やコンビニなどにはないため美術館など観光施設に入った時にできるだけ利用するようにしていました。レストランやカフェでは鍵の番号を聞いて借りられる場所もあったので、メモなどを持っていると便利だと思います。

スペイン、バルセロナの治安はどうなの?

過ごしている雰囲気はとても安全なように感じました。時期にもよりますが、春から夏にかけては夜9時頃まで明るく人通もあるので安心して歩く事ができます。
ただスリに関してはしっかりと気をつけた方がいいと思います。電車を降りた際4人くらいのグループにiphonを盗まれましたが、紐をハサミで切られ一瞬の出来事でした。

スリには気を付けてください!!!

スペイン、バルセロナ観光に持って行って良かったものはこれ!

Wi-Fi
空港での受け取りと返却が簡単にできるため、私はイモトのものを利用しました。バルセロナは地域が広いため電車の乗り換えや目的地の地図を調べる際に重宝しました。一台持っていればパートナーとも共有でき安心して旅行ができるかと思います。

保湿マスク(のどぬーる)
飛行機の中でもそうですが、日本とは違いバルセロナはとても空気が乾燥しています。気候や環境が変わると風も引きやすくなるので寝る際やホテルなどの室内にいる時には保湿マスクで十分な湿度を保てるようにしていました。

プリペイドカード( MULTI-CURRENCY CASH passport)
ヨーロッパはスリの多い地域なので、もしなくしても困らないようにプリペイドのカードを利用しました。クレジットとは違い使いたい分だけ入金し、足りなくなったら海外からでも簡単に補充もできます。もし取られた場合も電話一本で止めることもでき、スペアのカードもあるのでお金のトラブルで困る事がなくなりました。

スペイン、バルセロナ観光で持って行けば良かったものはこれ!

軽い羽織りもの
バルセロナは海沿いの街なので少し海の方に行くと急に海風が寒く感じました。セーターなどは持っていたのですが、バックに入れていつでも持ち歩けるサイズの防寒具がなかったので準備しておけばよかっっと思いました。

スペイン、バルセロナ観光で危険な目に遭ったりした?

電車でスリに会いました。バルセロナのスリは各駅に仲間がいるようで、電車の中からマークされていたようです。電車を降りて乗り換えの際の曲がり道で前後両方から挟まれてあっという間にiphonを盗まれました。紐で体につけていましたがハサミで切って持っていったようです。あとから普通にポケットに入れているよりも紐に繋がっている方が引っ張って盗みやすく狙われやすいと聞きました。

再度になりますが、スリにはお気をつけください!!!
(電車の中からマークされて、電車を降りて前後から挟まれたら・・・どうしようもないかもしれませんが・・・)

スペイン、バルセロナ観光のまとめ・総評

今まで行ったヨーロッパの国の中でもとても雰囲気のいいところでした。街の人たちも明るく気軽に話してくれたり、観光客も多いので安心して楽しめます。観光スポットも多く4泊5日では全く足りず、またすぐにでも行きたいと思っています。料理が美味しいのも魅力の一つで、日本では高い生ハムやオリーブオイル、チーズなども毎日飽きるまで堪能できます。街自体もとてもクリーンで綺麗好きな日本人には相性の良いように感じました。空や海、街の色も鮮やかでとても明るい気持ちになれる場所でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イギリスとフランスを巡る旅-フランス編 サンマロ、モンサンミッシェル、レンヌ、パ...

イギリスとフランスを巡る旅-イギリス編 エディンバラ城、グリニッジ天文台!本場の...

フランスパリ近郊を散策!ルーブル美術館、モンサンミッシェルの観光、ムール貝・ワイ...

イタリアとフランスを巡る旅!トレビィの泉、モンサンミッシェル、ルーブル美術館を満...

トルコ周遊ツアー(イスタンブール・エフェソス・パムッカレ・カッパドキア)アジアと...

チェコ・プラハへ!カレル橋から見るモルダウの雄大さとチェコ・プラハのティーン聖母...