シンガポール旅行でバクテー、チリクラブ、ラクサのグルメ三昧!マリーナベイサンズ屋上の景色は絶景!

シンガポール
中部国際空港からシンガポール航空を使いシンガポールのチャンギ空港まで直行便で行きました。大体7時間くらいでしたが、エコノミーでも各席で好きな映画見たりタイガービールを飲んだり(何本でもおかわりOK)していたため、あっという間でした。

シンガポール航空での食事とビールです。

新婚旅行として行きました。ハワイなども考えましたが、食べることが好きなためグルメを中心とした旅にしたく、シンガポールにしました。シンガポールは観光客向けの食事は高いですが、ローカルフードはお手頃なため、いろいろなところをまわっていろいろな物を食べようと思いました。また、シンガポールは多民族国家なので、中華、インド料理、マレー料理などなどたくさんの料理を味わえます。そういった意味で、同時に多民族の文化も味わえるかなと観光も楽しみに行ってきました。

シンガポール旅行、いくらくらいかかった?

航空券+ホテル+空港からホテルまでのバス(行きのみ)のみの、行動は完全フリーのツアーを組みました。
シンガポール航空往復+ヒルトン2泊+マリーナベイサンズ1泊の合計3泊4日の旅です。
ツアー料金は一人15万円程度、現地では10万程度使いました(そのうち半分以上はお土産代です)。
実質、食事やタクシーなどだと2万もあれば十分楽しめると思います。

シンガポール旅行、オススメの観光スポットはここ!

セントーサ島:シンガポール本島から橋をつかって徒歩か、ロープウェーで行くことができます。島にはユニバーサルスタジオシンガポールがありますが、そこよりもお勧めなのが、中に入れるマーライオンや海岸沿いで夜行われるレーザー&ファイヤーショーなどです。などというのは、実は島自体がアミューズメント施設のようになっていて、セグウェイ体験ができたり、下り坂でカートみたいなもので降りる体験や、サーフィンなどいろいろ体験できます。セントーサ島だけでも一日丸ごと遊べると思います。

マリーナベイサンズ:シンガポールの南側のマリーナ地区にあるホテルです。日本でもCMで使われ有名になったと思いますが、屋上にインフィニティープールと呼ばれているプールがあるホテルです。プールは朝も夜も楽しめ、朝は人が少なく、ゆっくりプールサイドでドリンクを飲みながら(アルコールも有り)過ごすのが気持ち良いです。夜は何といっても景色が抜群によいです。また、見どころはプールだけではなく、地下にカジノもありますし、ブランド品のショップがたくさん入っていますので買い物もできます。

マリーナベイサンズの屋上プールからの眺めは絶景です!

ALTITUDE:名前の通り(ALTITUDE:標高)高いビルの屋上のナイトクラブです。ナイトクラブといっても日本のクラブのようにチャラチャラしているわけではなく、大人な雰囲気の場所です。屋上のため、360°夜景が楽しめます。周りよりも高いビルだけあってほぼ全域が見渡せてしまいます。ただ、雨の日は屋根がないので厳しいかもしれません。シンガポールはアルコールが少し高いため、ビールなど(1000円程度)を何回も注文するより、ブランデーを一本(5000~10000円)買ってVIP席をとってゆっくり座りながら飲むのがお勧めです。向こうでは甘いジャスミンティーで割って飲むみたいです。

ALTITUDE(ビル屋上ナイトクラブ)からの夜景とVIP席!
旅行でこういう気分を味わうのは本当に最高ですね!

シンガポール旅行、オススメのグルメはこれ!

バクテー:肉骨茶と書いてバクテー読みます。豚肉のしょうゆっぽいベースのスープです。日本人の味覚どストライクな味です。向こうでは小さいパンを一緒に頼んで、スープに付けて食べるのが主流みたいですが、個人的にはラーメンの麺を入れたくなる味です。朝でも、飲んだ後でも食べたくなる味です。Song Faという店がお勧めです。何店舗かあります。

チリクラブ、ペッパークラブ:有名かもしれませんが、蟹丸々1パイををピリ辛で味付けしたものです。店にもよりますが、その場で蟹を選んで調理してくれます。やはり新鮮に勝てるものはなく、めちゃくちゃうまいです。ジャンボという店がお勧めです。何店舗かあります。

ラクサ:表現が難しいですが、一言で言うとカレーラーメンです。レモングラスとトウガラシとココナッツとパクチーのきいたスープが最高です。結構辛いのでライムジュースなどを一緒に飲みながら食べるのがお勧めです。日本人がよく宿泊するマリーナ地区やオーチャード地区からは遠いですが、328 Katong Laksaがお勧めです。タクシーで20分くらいです。

ラクサ(ココナッツカレーラーメン)です。

シンガポール旅行、オススメのお土産はこれ!

ドリアンクッキー、ドリアンハイチュー:日本ではあまり馴染みないためネタとしてお勧めです。匂いが強烈です。味はふつうのクッキーやハイチューなのですが、部屋中がドリアン臭で包まれます。職場では匂いが強すぎて事件になるためお勧めできないかもしれません笑
友人限定でネタとしてはオススメします笑

カシミアスカーフ:アラブストリートというところですごく安く買えます。生地のランクや柄がたくさんあり目移りします。きっと日本で買うと1万とか2万円するようなものが10分の1くらいの値段で買えます。何枚も柄違いで買って配るのもお勧めです。

パロディーTシャツ:チャイナタウンやブギスストリートで買えます。特に、ブギスにはたくさんあります。REDBULLではなくDEADBULLのように、面白T-シャツが1枚500円~1000円くらいの値段で売ってます。

シンガポール旅行でのチップ事情は?

特にチップ文化はないようですが、ホテルで荷物運んでくれたボーイに渡しました。1ドル程度です。渡したからかわかりませんが、翌日メッセージカードとバスタオルで作った象さんが一緒に置いてありました。文化はないけど、渡すと喜ばれます。 場所によっては有料です。困ったのがチャイナタウンです。有料(数セントなのでいいですが)だからきれいかと思って入ったら非常に汚く、紙がなく困りました。トイレで売っている様子もなく、どこで買うのか・・・?困った時は近くのホテルやショッピングセンターに入るのがお勧めです。

チップを渡した次の日に置いてあった象さんの形のバスタオル。

シンガポールの治安はどうなの?

治安は非常によいです。もしかしたら日本よりよいかもしれません。夜出歩いている人がめちゃくちゃ多いです。向こうは夜2時とかでも食事する文化らしいため、人がいつでもあふれています。スリやキャッチなどもいなく、夜は日本より安全だと思います。

シンガポール旅行、持って行って良かったものはこれ!

Wi-Fi:シンガポールでも無料のWi-Fiはありますが、時間制限や場所によっては使えない等ありますので、住所検索や翻訳アプリ等使う際などに必須だと思います。イモトのWi-Fiを空港で借りていきました。

汗拭き用タオル:赤道直下ということもあり年中夏で気温30度以上でかつ、食べ物に辛いものが多いため非常に汗をかきます。人によるかもしれませんが、外の食事では必須だと思います。かばんの中にタオルを忍ばせていくのがお勧めです。

折りたたみ傘:季節にもよりますがスコールがあります。突然ゲリラ豪雨のように雨が降ってきて身動きが取れなくなります。ローカルは屋根の下でやむまで待っていますが、旅行者は時間が限られますので、雨でも移動できるよう、傘があるとよいです。

シンガポール旅行、持って行けば良かったものはこれ!

腹薬:辛いものばかりのため、おなか弱い人は食事の数時間後おなかが痛くなります。もちろん辛くないものもありますが、おいしい食べ物は辛いです。正露丸でも何でもよいですが、おなかの薬を持っていくことをお勧めします。

シンガポール旅行で危険な目に遭ったりした?

危険な目は皆無です。昼、夜、夜中、外、中、乗り物等どんなシチュエーションでも日本と同等or日本より安全だと思います。ただ、旅行者が多いため、治安の悪い国からきている旅行者に気をつけたほうがよいかもしれません。

シンガポール旅行の総評・まとめ

食事、観光含め非常に満足しました。今回は新婚旅行でしたが、一人旅、卒業旅行等でもおすすめです。非常に狭い国(島の端から端までタクシーで1時間くらい)ではありますが、とても数日間では見きれないほどたくさん見所があります。食事もローカルが集まるところに行けば1食300円程度で済むため、長期的に行きたいなと思えました。ただ、そういった場所で日本語は通じないので英語をもっと勉強しようと思います。英語or中国語もしくは翻訳アプリを持っていくのがよいと思いました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピンのマニラとエルニド島へ!エルニド島のエメラルドグリーンの海は圧巻!アク...

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)一週旅行!九份老街という古い街並みは一見の価値あり...

韓国ソウルへ!南大門市場(ナンデムンシジャン)で屋台グルメ、景福宮(キョンボック...

NO IMAGE

マレーシア・クアラルンプール旅行の体験談。

ベトナム(ダナン・ホイアン・ホーチミン)へ!ベトナム料理、マッサージ、ビーチリゾ...

シンガポール旅行へ!シンガポールの市街地を走るF1グランプリの爆音は大迫力!