マカオ、半島地区・コタイ地区旅行の体験談。世界遺産・聖ポール天主堂跡、ローカルグルメ、カジノを堪能!!

マカオ、半島地区・コタイ地区へ行きました!
羽田空港から全日空で4時間かかり香港空港に着き、香港空港からフェリーで1時間かけマカオに到着しました。 

家族旅行で行きました。子供が1歳と幼いので治安が良く、家族が楽しめる場所としてマカオを選びました。具体的な目的としては数多くある世界遺産の観光と日本人に舌に合うと言われるローカルグルメ、マカオの代名詞のカジノです。また、マカオは豪華ホテルでもカジノが入っていれば安く泊まれます。日本だと10万円以上はしそうなスイートルームの高級ホテルでもマカオだと平日なら2、3万円程度で泊まれます。消費税も無いので買物にももってこいです。

総額で30万円くらいです。内訳としては、飛行機代が往復で約10万円(大人2人、子供は1歳だったので無料でした)。ホテル代は3泊で10万円(平日2日と休日1日)。食事代は約4万円。お土産代は2万円。現地のアミューズメントは1万円くらいでした。

マカオ、半島地区・コタイ地区でオススメの観光スポットはここ!

マカオ半島・聖ポール天主堂跡:
マカオの観光本の表紙でよく見る火事で焼き落ちた教会の正面部分です。写真で見るよりも大きくて迫力がありました。模様も色んな意味があるので事前に歴史を調べるとより楽しめると思います。ただ有名な観光地とあって観光客が多く集まるので、ゆっくりみたいなら朝方か夕方に行く事をオススメします。中心地のセナド広場から少し歩きますが道中に世界遺産や名物グルメもあるので楽しみながら進めますよ。

世界遺産聖ポール天主堂跡です。

ポール天主堂跡の近くには同じく世界遺産のモンテの砦があります。
高台にあるのでマカオの街が一望できます!

コタイ地区・ザハウスオブダンシングウォーター:
シティーオブドリームスというカジノリゾートにある会場で観れる水上ショーです。席も近くて、水しぶきがきたりと迫力もあり想像以上に楽しめました。口コミもとても良いので迷ったらここで間違いないです。料金は席の種類によって異なります。一番安い席なら1万円以下で買う事が出来ます。当日券もありますが公式ホームページから予約も出来ます。英語のサイトですが、英語の苦手な私でも簡単に予約出来まいした。

コタイ地区・ヴェネチアンマカオリゾート:
世界最大級のカジノリゾートと呼ばれるIRです。ホテル、カジノ、ショッピングエリア、レストラン、アミューズメント施設と様々のジャンルが楽しめます。ホテルに宿泊しなくても、世界最大の大きなカジノ、300店舗以上あるショッピングエリア、豊富なレストラン街があるので一日中楽しめます。宿泊すると7つもあるプールに無料で入れるので、ここホテルに宿泊するなら水着は必須です。

カジノのネオンを見るとワクワクします笑

マカオ、半島地区・コタイ地区のオススメグルメはこれ!

マカオビール・マカオのご当地ビールです。マカオの最高ビールとありとても口当たりがよく、どんな料理にも合います。マカオは酒税がないので130円ほどで買えました。マカオビールは日本では手に入らないので、是非飲んで欲しいです。

エッグタルト・マカオの名物スイーツのエッグタルト。色んなお店があり、それぞれ特徴が異なるので食べ比べしても楽しいです。出来立てアツアツのまま食べても良し、冷蔵庫で冷やして食べても良し。値段も安いのでたくさん買えました。

カレーおでん・マカオのローカルB級グルメです。おでんとカレーが意外とマッチして美味しいです。安くてボリュームもあり満足出来ました。カレーは甘口・辛口あるので子供から大人までみんなで楽しめると思います。

マカオ、半島地区・コタイ地区でオススメのお土産はこれ!

ポルトガルワイン・マカオはかつてポルトガルの植民地であった為ポルトガルの文化が今でも残っています。ポルトガルワインは本場ポルトガルのワインで日本では手に入りにくい物もあります。酒税が無いので安く購入できてオススメです。

カジノグッズ・マカオと言えばカジノ。どこのカジノホテルのお土産屋さんにもレプリカのチップが売っています。チップには観光地の写真がプリントしてあったりと見ても楽しくて、飾るにしてもいい思い出になります。

オイスターソース・実はオイスターソースの発祥の地はマカオです。老舗のオイスターソースのお店もあり、日本で買う物よりも味もコクもしっかりとしていて美味しいです。オイスター感がすごく強くて個人的にすごく好きな味でした。

マカオ、半島地区・コタイ地区のチップ事情は?

マカオにはチップの文化はありません。タクシー等は基本的にはチップは渡さなくても問題ありません。ただしカジノホテルはアメリカの外資系資本が多いので、荷物を運んでくれた時等にはチップを渡すようにしていました。

マカオ、半島地区・コタイ地区のトイレ事情は?

トイレは至る所にカジノやホテルがあるので無料で清潔なトイレはたくさんありました。ただしシャワートイレはありませんでした。インターネットで事前に調べた情報だと公衆トイレは汚いみたいなので使用しませんでした。

マカオ、半島地区・コタイ地区の治安はどうなの?

治安はとても良いと思いました。カジノがあるため夜も人がたくさんいて街も明るいです。よほど暗くて細い道などの変な場所に行かない限りは外出しても問題ありません。大型ホテルはホテル同士が繋がっているので、外出の必要がありません。

マカオ、半島地区・コタイ地区への旅行で持って行って良かったものはこれ!

ポケットWi-Fi:空港でイモトのWi-Fiを契約しました。ホテル内は無料のWi-Fiが飛んでいるので問題ありませんが、世界遺産観光などはGoogleマップを使うので助かりました。外出時には必須です。

翻訳器:スマホでGoogle翻訳を用意しました。マカオは日本語がほぼ通じないので英会話がメインになりますが、英語が得意ではないのでチェックインやレストランで毎日使っていました。文章も和訳してくれる機能もあるので助かります。

スマホのモバイルバッテリー:外出時にスマホのマップを使用しながら観光していたので電池の消耗が早かったのですが、モバイルバッテリーがあると安心出来ます。また、ポケットWi-Fiの充電もできるので大容量だと尚良いと思います。

マカオ、半島地区・コタイ地区への旅行で持って行けば良かったものはこれ!

汗ふき用タオル:11月にマカオに行ったのですが日本と違い年中気温も湿度も高く真夏並みでした。暑さ対策を何もしていなかったので困りました。特に汗ふきタオルを持っていって無かったので、現地で買う事になりました。

マカオ、半島地区・コタイ地区で危険な目に遭ったりした?

危険な目には会いませんでした。事前に調べた情報だと、マカオの犯罪の多くはひったくりとタクシーのぼったくりだそうです。貴重品はしっかりと身につけると安全です。タクシーも明らかに高い時はホテルで相談するといいそうです。

マカオ、半島地区・コタイ地区旅行のまとめ・総評

面積の狭い国ですが、世界遺産、アミューズメント、グルメ、ショッピングなどが揃っていて満足できました。治安がいいので家族で行っても安心して旅行が出来ました。豪華ホテルに泊まったり、カジノで遊んだり日本では出来ない事もたくさん出来ました。消費税が無いので買物もたくさん出来ましたし、お酒も安いのでたくさん飲めました。夜景も綺麗で子供も喜んでいました。日本からも近いし物価も高くないので気軽に行けます。是非また行きたいです。

マカオタワーも忘れてはいけません!

展望レストランからから見る景色は絶景です!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台湾(台北・花蓮・高雄・台南)一週旅行!九份老街という古い街並みは一見の価値あり...

シンガポール旅行へ!シンガポールの市街地を走るF1グランプリの爆音は大迫力!

NO IMAGE

マレーシア・クアラルンプール旅行の体験談。

フィリピンのマニラとエルニド島へ!エルニド島のエメラルドグリーンの海は圧巻!アク...

シンガポール旅行でバクテー、チリクラブ、ラクサのグルメ三昧!マリーナベイサンズ屋...

ベトナム(ダナン・ホイアン・ホーチミン)へ!ベトナム料理、マッサージ、ビーチリゾ...