アメリカ・ニューヨーク旅行の体験談!自由の女神、セントラルパーク、タイムズスクエアを満喫!

アメリカ、ニューヨーク
成田空港から日本航空の直行便で14時間かけてジョン・F・ケネディ国際空港に行きました。

新婚旅行で妻と2人で行きました。
妻とは結婚する前から一緒にヨーロッパやアジアなどの海外旅行へ行っていたのですが、アメリカには2人で行ったことがないため候補として挙がりました。
その中で、お洒落なカフェ巡りや定番の観光地(自由の女神・タイムズスクエアなど)も回りたいと思い、真っ先に思い付いたのがニューヨークでした。
また、私自身もアメリカはロサンゼルスまでしか行ったことがなく、個人的にニューヨークには行きたかったため、新婚旅行として贅沢な旅をしたいと思い計画を立てました。

滞在期間は4泊5日
総額は約95万

ツアー代金として飛行機代25万、ホテル代18万

オプショナルツアー(ナイアガラ観光、ショー・コンサートなど)20万
食事代約10万
お土産代約5万
買い物(ブランド品など):15万
観光地代(ミュージアム・ゴスペル・自由の女神・エンパイアステートビルなど):約2万

アメリカ・ニューヨークでオススメの観光スポットはここ!

自由の女神
ニューヨーク観光の定番といえばリバティ島の自由の女神の観光でしょう。自由の女神の観光方法といえば3つあります。
1.クルーズ船で近くまで行く
2.ヘリコプターで周回する
3.島に上陸する
やはり一番のおすすめは、島に上陸して自由の女神を真下から見ることです。島へ行くにはニューヨークの南部にあるバッテリー・パークから船に乗って約10分で到着します。
船に乗るためにはもちろん並びます。しかし、私たちが行った日は日曜日の昼間でしたが10分ほど並んでいるとすぐに船に乗ることができました。
島自体は広いので、観光客でいっぱいになるというほどはありませんでした。
自由の女神は間近で見ると迫力があり、東京お台場の自由の女神とはスケールが全然違いました。また、島には芝生の広場もあり、ハンバーガーやレモネードを楽しみながらのんびりと過ごすことができます。

リバティ島の船着き場です。

セントラルパーク
ニューヨークの定番といえばセントラルパークも忘れてはなりません。
公園の広さはとてつもない広さであり、全てを回りきるには1日かかるほどだと思います。
また、セントラルパークの西側にはアメリカ自然史博物館もあるため、恐竜や隕石などあらゆる展示物を楽しむことができます。
セントラルパーク内は所々に湖や噴水、不思議の国のアリス像などがあり、公園の中をのんびりと歩きながら見どころを巡るという楽しみができます。
カフェやレストランもあるので、休憩をしっかりとれ優雅な休日を過ごしたいのならピッタリです。

セントラルパークの西にあるアメリカ自然史博物館です。

タイムズスクエアチャーチ
ニューヨークといえば日曜日のゴスペルです。ニューヨーク内にはいたるところに教会があり、日曜日の朝は各地の教会でゴスペルを聴くことができます。
その中で、観光客が行きやすいのがタイムズスクエアの近くにあるタイムズスクエアチャーチです。
教会の中には無料で入れますし、お祈りをせずゴスペルだけを楽しみたい人もスタッフの方々が歓迎してくれます。
音楽が始まるとみんなで大合唱です。舞台にあるスクリーンに歌詞もあるため、英語ですが一緒に歌うこともなんとか可能です。
私が行った時は涙を流しながら大合唱をする人もいて、なぜか私も感動しました。

ゴスペルが楽しめるタイムズスクエアチャーチ。

ニューヨークの西にあるブルックリンブリッジも一見の価値あり!
コレってなにかの映画で見たことあるような?ダイ・ハード3だったような・・・!

アメリカ・ニューヨークでオススメのグルメはこれ!

サラベスのエッグベネディクト
朝食の女王と言われるサラベスはニューヨーク発祥です。
私が行ったお店はセントラルパークのすぐ近くで、定番のエッグベネディクトは格別でした。
また、フレンチトーストも凄く美味しくて、値段もそこまで高くなかったので数回行きました。
ちなみに、お客さんも非常に多くて並んでいましたが、インターネットで予約をするとスムーズに入ることができます。

ニューヨークステーキ
ニューヨークの定番料理はステーキです。
私が行ったのはベン&ジャックスステーキハウスです。
お店の雰囲気はやや暗めでクラシックなつくりでした。
ステーキは注文したらすぐきましたが、とても大きくジューシーで、2人で食べるとおなか一杯になりました。
お客さんの中には日本人の方も数人いました。

ベーグル
ニューヨークはベーグルも定番です。
私が行ったヴィクスベーグルはグランドセントラルステーションから歩いて行ける距離にあり、分かりやすい場所にあります。
いろんな種類の生地とトッピングを自由に選ぶことができるので、好みのベーグルを注文することができます。
私のおすすめはクリームチーズとスモークサーモンの組み合わせで、格別です。

アメリカ・ニューヨークでオススメのお土産はこれ!

トレーダージョーズのエコバッグ
アメリカの至る所に展開しているトレーダージョーズというスーパーに売っていて、日本でもブームになったことがあります。日本ではネット以外では購入することができず、現地で買うと安価で手に入ります。

M&Msのグッズ
世界に数少ない店舗で展開しているM&Msですが、ニューヨークにお店がありました。場所はタイムズスクエアにあり、お店がカラフルなので近くに行くとすぐに分かります。
チョコレートだけでなく、たくさんのM&Msグッズが売っており、日本では手に入らないものばかりです。
ニューヨークというだけあって、自由の女神をモチーフにしたキャラクターのチョコレート入れなどは旅行の思い出にも残るので、かなりおススメです。

ニューヨーク限定のスターバックスグッズ
スターバックス好き、ニューヨーク好きの人なら欲しがる人が多いのではないでしょうか。
ニューヨークに売っているスターバックスの限定マグカップは自由の女神やブルックリンブリッジなどニューヨークの象徴となるものが描かれていてデザインは抜群です。
また、タイムズスクエアには限定の超レアタンブラーもあるので、ニューヨークに行く人は是非チェックしてみてください。

アメリカ・ニューヨーク旅行でのチップ事情は?

アメリカですから、当然チップには気を付ける必要があると思います。
ホテルの各サービスやタクシーは当然ですし、レストランなどで対応の良いサービスをしてもらえたら、その分のチップを払うのが良いかと思います。
最近はクレジットカードで支払う方も多いと思うのですが、もちろんクレジットカードでチップ代を払うこともできますし、チップのみを現金で払うこともできます。
ほとんどの相場は代金の15~20%ほどではないでしょうか。
具体的には、ホテルの場合ポーターやルームメイドで2ドルほど払いました。

アメリカ・ニューヨークのトイレ事情は?

トイレの衛生面は問題ないと思います。また、お金も必要とせず、紙や手洗い用の石鹸なども揃っていました。
ただ日本と違っているのは、設置している場所が少ないということです。
駅の場合は大きな駅にしかなく、レストランはお客のみが使用するようになっています。
もしニューヨークの土地勘がなく、トイレに行きたくなりそうだったら、カフェなどのお店で休憩を挟むか、トイレがある場所を見たら早めに済ませるように心がけると良いかもしれません。

アメリカ・ニューヨークの治安はどうなの?

ニューヨークは観光客も大変多く、様々な人がいると思いますが治安はまったく問題ないと思います。
昔の地下鉄は危なかったそうですが、今は駅も明るく安全だと思います。
ホームレスもたくさんいましたが、それは東京でも同じですし、話しかけたりしなければ問題ないと思います。

アメリカ・ニューヨーク旅行で持って行って良かったものはこれ!

自撮り棒(yunteng)
やはり旅行での思い出を作るには写真や映像に残すのは大切ですが、スマートフォンが普及している現在では自撮り棒は欠かせないと思います。
最近のものではBluetoothによるリモコン操作で撮影できるものもあるので、簡単に全身を綺麗に写すことができるようになりました。

モバイルバッテリー(Anker PowerCore)
旅先では携帯電話の使用は必須です。
移動中にマップやインターネット、YouTubeなどによる動画を頻繁に利用するため、すぐにバッテリーの消費が激しいです。
私は旅先ではバッテリーが少なくなって不安になることが嫌なので、常にモバイルバッテリーを一人一台持つようにしています。

クレジットカード(VISA)
海外の紙幣によっては、日本円から換金すると大量のお札で外貨両替することになることがあります。
そのため、大量のお札を持ち歩くことで煩わしさを感じないためにも、クレジットカードはかなり便利だと思います。
私の場合はチップの支払いも可能であればなるべくクレジットカードで支払うようにしています。

アメリカ・ニューヨーク旅行で持って行けば良かったものはこれ!

ビデオカメラ
思い出作りの一つには映像も良いと思います。
最近のスマートフォンの画質も優れているとは思いますが、それでも質や容量を考慮するとハンディタイプのビデオカメラがあるとしっかりとした映像が取れますし、画質も良好なので編集などをするにも良いと思いました。
私たちは次回の海外旅行までにビデオカメラは必ず購入したいと思います。

アメリカ・ニューヨーク旅行で危険な目に遭ったりした?

自由の女神を観光する方法には、島に上陸するものと、クルーズ船で海の上から自由の女神を眺めるものがあります。
どちらの船も、バッテリー・パークというところから乗船するのですが、私たちがリバティ島行きの船を探していると、少し離れ場所からクルーズ船の呼び込みをする人たちが多くいました。
案の定、私たちのところにも来て、かなりしつこくクルーズ船の案内をされました。
私たちは自由の女神があるリバティ島に上陸したいから強く拒否をしたのですが、その案内人は「問題ない、このクルーズ船も島に上陸するから是非乗って下さい」と嘘の案内をしてきました。
最終的に私たちは無視を続けその場を後にしましたが、何も知らない人がその案内について行っていたら確実に騙されていたと思います。
リバティ島に上陸する船は一つの乗り場しかありませんし、呼び込みもすることはないのでむやみについて行かず、事前に調べておいた方が良いと思います。

アメリカ・ニューヨーク旅行のまとめと総評

ニューヨークはとても刺激があり、タイムズスクエアは「THE世界の中心街!」と言えるほど賑やかな場所でした。
帰国した後も、現地で住みたいな~と強く思ったほどです。
買い物、食事、ショー、観光地など、楽しめることが多すぎて飽きないと思いますし、必ず期待を裏切らないと思います。
隅々までニューヨークを楽しみたいのなら、10日間は滞在した方が良いなとも思いました。そのため、私はもう一度ニューヨークに行き、未だ訪れていない場所や一度行って感激したところは再度また行きたいと思います。
ニューヨークに行ったことがない人は、海外旅行の初心者でも玄人でも是非いってみてはいかがでしょうか。

タイムズスクエアの中心地!これぞニューヨークという景色!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハワイのオアフ島へ!ワイキキビーチ、ラニカイビーチといった美しいビーチを満喫!

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ Google本社、Apple本社などIT...