イタリアとフランスを巡る旅!トレビィの泉、モンサンミッシェル、ルーブル美術館を満喫!

フランス:パリ.オンフルール.モンサンミッシェル
イタリア:ナポリ.ローマ
バチカン市国

KIXからオランダ航空でオランダ空港経由、ローマ空港 約12時間
ローマ空港からシャルルドゴール空港 約2時

観光をメインに考えて、あとは私が昔ヨーロッパに行った時に食事が合わず食べれず苦労したので、食事が美味しいと調べたり、友人に聞いたりした国を選びました。観光は特に世界遺産を見たり回りたかったので、モンサンミッシェルやローマを観光できる!という事で目的地にしました。
節目として新婚旅行のために行きました。2人ともフランスには行きたかったのと、あとはもう一カ国は行きたいと意見が一致したので、イタリアにしました。

添乗員付きのツアーで6泊8日
ツアーに参加したので、食事代、飛行機代、宿泊代、入場料は全部で38万円(1人分)
お土産や海外代、自分でのご褒美代などもろもろで15万円。
38万円+15万で53万円ほどかかりました。

イタリアとフランスを巡る旅。オススメ観光スポットはここ!

イタリアのローマのトレビィの泉。
テレビや映画で何度も観たことのあるトレビィの泉です!
人の多さにもびっくりしましたが、思っていたよりも広いし大きい!あとはとってもロマンチックな彫刻の数々。水もグリーンに見えて、幻想的な雰囲気の場所でした。コインを投げる事が願望だったので後ろ向きにコインを投げました!コイン1枚だと再びローマに来ることができ、2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、3枚になると恋人や夫・妻と別れることができると言われるので、私たちは2枚投げました!

コイン投げで有名なトレヴィの泉

アマルフィにある大聖堂も見事でした!

フランスのモンサンミッシェル。
日本人が行きたい世界遺産の上位あるモンサンミッシェル!
モンサンミッシェル近くのホテルに一泊したので、夜のモンサンミッシェルも堪能できました。暗いなか、バスに乗って行き夜のライトアップ見学へ。定刻になる金の音が凄く幻想的で、散策しながら神聖な時間を味わえました。また、次の日は内部見学はメインのゴシック様式の建物に様々な建築様式が混じり合いとても、修道院と聞いて居ないと修道院とは思わない作りでした。

お昼のモンサンミッシェルは絶景!

夜のモンサンミッシェルは幻想的!

フランスのパリ、ルーブル美術館。
世界最大級のルーブル美術館。広過ぎて半日では見切れないレベルの所蔵品の数々です。
美術品に興味の無い方でも、ガラスのピラミッドはテレビで見たことがある場所だと思います。
やはり見応えがあったのは、モナ・リザです。
絵画の前には沢山の人が!
あとは有名なミロのヴィーナスやサモトラケのニケなど有名彫刻も見応えありです。
残念だったのが、ドラクロワの民衆を導く自由の女神は出張中で見れず!

ライトアップされた、エッフェル塔もキレイでした!

イタリアとフランスを巡る旅。オススメグルメはこれ!

イタリアのピッツァ。
一人前がとっても大きく、食べ切れませんでした。
特にマルゲリータはトマトソースが濃厚で酸味も良いアクセント。チーズも沢山乗っていて美味しかったです!
あと、カプリチョーザも沢山具が乗っていて、お腹いっぱい。

イタリアのジェラート。
沢山ジェラートの種類もあり選ぶのにとっても苦労しました。ダブルのコーンでイチゴとチョコミントを選び食べた時は、濃厚なのに甘過ぎず美味しくて感動しました。美味し過ぎたので、次の日も空港でチョコレートとマンゴーのジェラートも食べたくらい本当においしいです。

パリ、モンサンミッシェルのふわふわオムレツ。
メレンゲ状のオムレツで、運んでくる時からプルプル揺れて。フォークでツンツンするとふわふわなのが凄くわかります。
味は思っていたより濃いめで、卵の味も濃厚です。
ただ、口に入れたら溶けて無くなります。

イタリアとフランスを巡る旅。オススメお土産はこれ!

イタリア オリーブオイル。
お土産物にはとっても可愛い入れ物に入っているものや、イタリアの国の形の入れ物入っているオリーブオイルが好評でした。
また、トリュフが入っているオリーブオイルも香りが良く、パンに付けて食べたら絶品でした!
あとは、パスタとも相性がいいのでパスタとセットもおすすめです。

フランス シードル。
りんごのお酒です。
甘くて飲みやすいため、女性の友人にはとっても喜ばれました。私はロゼを買ってお土産にしましたが、色もピンクがかっていてとても可愛いです。
クリスマスディナーなどに出されたら、女の子は嬉しいな!

イタリア カプリ島のカプリウォッチ。
一つ一つ手作りで同じものが一つも無いのがおすすめです。特にレディースの腕時計はキラキラしていて、色もカラフルでとっても可愛いです。腕にカプリウォッチをつけてたら、気持ちも華やかになります。

イタリアとフランスを巡る旅。チップ事情は?

レストランでもサービス料として飲み物の10%くらいをチップとして渡しました。
ホテルでのサービス料としては1人1ユーロほどチップをサイドテーブルに置いて渡しました。
あと、タクシーでは切り上げでチップを渡しました。
ただ、カード払いばかりしていると小銭ができないので本当に困ります。

イタリアとフランスを巡る旅。トイレ事情は?

ツアーだったため、なるべく無料のお手洗いに案内してもらいましたが、自分たちで探したりしたお手洗いは有料でした。50セントから1ユーロほどです。
あと、便座が無かったりしたので無意識に座ったりすると、ハマるかもしれません。

イタリアとフランスを巡る旅。治安はどうなの?

パリではテロなどあった時期ですが、
夜出歩いたりしても問題は無かったです。
どちらかというと、パリもイタリアも観光地ではスリが多いとの事でだいぶ注意されまして。
特にイタリアはトレヴィの泉、スペイン広場、パリはシャンゼリゼ通りなどは気をつけた方が良いそうです。

イタリアとフランスを巡る旅。持って行って良かったものはこれ!

カップ麺 日清のどん兵衛
昔、ヨーロッパの他の国に旅行に行った時に味や
食べる事に苦い思い出がありました。
食べれないの困るなぁ、と思い一食分持っていっていました。
やはり、向こうの味に困った日も有ったので一食分食べて元気を取り戻しました。

変換器 100均で購入したもの。
スマートフォン、カメラの充電のために購入してもって行ってました。
ボルト数は問題なかったので、変圧器は必要ありませんてましたが変換器はコンセンの形が違ったので
持って行って役に立ちました。

薄めのポシェット。
服の内側に入れて、パスポートや現金、カード類などは厳重に管理していました。やはり、有名な観光スポットにはスリが多いとの事でセフティーバックの代わりに、かさばらないようにしていました。寒い時期だったので、そこまで目立ちませんでした。

イタリアとフランスを巡る旅。持って行けば良かったものはこれ!

レンタルwi-fi。
空港でレンタルするか迷いましたが、ホテルでWi-Fiがあればいいかなぁ、と思いレンタルしませんでした。
でも、バスでの移動も多く、数時間暇な事も有ったので持っていけばよかったな、と思いました。

イタリアとフランスを巡る旅。危険な目に遭ったりした?

危険な目にはあいませんでした。ガイドブックやツアーガイドさんにスリや置き引き、ひったくりも多いと聞いていたので
なるべく貴重品は服の中に入れて行動していました。
そのおかげか、何もなく旅行を楽しむことができました。

イタリアとフランスを巡る旅。まとめと総評

イタリアはピザも美味しくて、見所も沢山ありとても良かったです。治安もスリや置き引きに注意すればぜんぜん問題ありません。あとは、世界遺産の数が世界一と言う事で、ローマだけでも観光し放題です。
オススメはもちろんジェラートです。
フランスはパリも良かったですが、観光ならモンサンミッシェルが凄く幻想的で、素敵な場所でした。
修道院なのでパワースポット的な不思議な世界が広がっています。あと、パリではエスカルゴなどなかなか日本では食べれないような物も食べて、美術館なども多く芸術的な観光にもおすすめです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イギリスとフランスを巡る旅-イギリス編 エディンバラ城、グリニッジ天文台!本場の...

スペイン・バルセロナへ!ガウディの建築と思考にどっぷりつかる旅!生ハムやオリーブ...

フランスパリ近郊を散策!ルーブル美術館、モンサンミッシェルの観光、ムール貝・ワイ...

トルコ周遊ツアー(イスタンブール・エフェソス・パムッカレ・カッパドキア)アジアと...

チェコ・プラハへ!カレル橋から見るモルダウの雄大さとチェコ・プラハのティーン聖母...

フランス観光!豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿は一見の価値あり!!